So-net無料ブログ作成

長野県品質工学研究会の活動報告(品質工学会誌2017年2月号広場の記事より抜粋) [【その他の品質工学関連】]

----------------------
長野県品質工学研究会
 2016年11月10日(木)、第7回研究会を長野県工業技術総合センター精密・電子技術部門(長野県岡谷市)にて開催した。以下に示す内容についてディスカッションした。
【事例発表】
「タイトルおよび内容は会社都合により省略」 (日本電産サンキョー(株) 中西徹)
【討論】
「MT法の項目診断について」 (日本電産サンキョー(株) 中西徹)
MT法の項目診断は、従来は2水準系の直交表に割付が行われているが、2項目の総当たりにより、マハラノビス距離(MD値)を求める方法を提案した。なお、同じ項目同志の組合せの時には一次元のMD値とした。求めたMD値を望大特性で表す事で、MD値を高くしている項目が示されるのでは無いか?という議論を行った。
【共通テーマ】
「MTシステム(T法)を使ってみよう」
ある加工事例についてMT法で解析を行った。完全には判別できなかったが、MD値が大きくなったサンプルについて、何が効いているかが明らかになった。

続きを読む


コメント(0) 

今週の話題 [その他のビジネス関連]

gunma1.jpg
羽村市動物公園にて。

梅が満開でした。
春ですね。

続きを読む


コメント(0) 

条件付き運航 [仕事以外の話題]

IMG_1207.JPG
本日午後から長野県品質工学研究会です。
最近、自由討論が盛り上がり、初心者にも中級者にも、かなり楽しい研究会です。

只今、福岡空港。
【松本空港雪のため着陸できない場合は福岡空港に引き返すか、名古屋(小牧)空港に向かう条件付き運航とさせていただきます。】

さて、着陸できるか。
松本城のライブカメラを見ると↓

続きを読む


コメント(0) 

決算、法人税・消費税の確定申告 終了! [その他のビジネス関連]

今年も無事に、決算、法人税・消費税の確定申告を終えることができました。

1年で一番憂鬱な日ですが、今回は2日間に分けて作業したので、精神的にも肉体的にも楽でした。

さて、決算も終わったことだし、未来の社員と雪遊びでもしようジャマイカ!

コメント(0) 

品質工学(ロバストパラメータ設計)の考え方がJIS化されました [【最新ニュース】]

ISO16336(RPD)がJIS化(JISZ9061)されました。
----------------------
規格番号:JISZ9061
規格名称:新技術及び新製品開発プロセスのための統計的方法の応用-ロバストパラメータ設計(RPD)
英文名称:Applications of statistical and related methods to new technology and product development process-Robust parameter design (RPD)
制定年月日:2016年12月20日
----------------------

日本工業標準調査会のJIS検索画面の【JIS規格番号からJISを検索】にて『JISZ9061』と記入し、(一覧表示)を押すと閲覧ができます。


コメント(0) 

謹賀新年 2017 [【最新ニュース】]

2017_masudaqe_0101.041.png
明けまして、おめでとうござます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
---------------------------------------------------
【品質工学 離】→品質工学の手法を離れる
---------------------------------------------------

【品質工学 離】本年も、品質工学の手法を意識せず、「モノ作りの楽しさ・素晴らしさ」をお届けします。

コメント(2) 

年末年始のサポートについて(弊社クライアントの皆様) [【最新ニュース】]

弊社クライアントの皆様

いつもお世話になります。
本年も弊社ブログをご覧いただきまして、ありがとうございました。

さて、年末年始のサポートにつきまして、以下の通りご案内致します。

 ■サポートメールアドレス:info2qe@abox3.so-net.ne.jp

201112support.png

【メールでの相談や質問】→ 通常通り対応致します
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・「L18直交表実験を終えたが、この後どうすればよいか?」
・「ノイズの影響を予備実験したが、どう解釈すればよいか?」
・「L18直交表へ割り付けたが、何となく不安だ」
・「基本機能の設定について迷っている」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【各種解析ファイルの作成・送付】→ 通常通り対応致します(48hr以内に送付致します)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・「信号因子が3水準、ノイズが5水準の解析ファイルが欲しい」
・「標準SN比で信号因子が350水準、ノイズが3水準の解析ファイルが欲しい」
・「望目特性で、ノイズが10水準の解析ファイルが欲しい」
・「L36直交表の解析ファイルが欲しい」
・「T法で、測定項目が72個、単位データが200個、対象データが153個の解析ファイルが欲しい」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


それでは皆様、楽しいお正月をお迎え下さいませ。


有限会社増田技術事務所
代表取締役 増田雪也

コメント(0) 

長野県品質工学研究会の活動報告(品質工学会誌2016年12月号広場の記事より抜粋) [【その他の品質工学関連】]

----------------------
長野県品質工学研究会
 2016年9月8日(木)、第5回研究会を長野県工業技術総合センター精密・電子技術部門(長野県岡谷市)にて開催した。以下に示す2つの事例発表および共通テーマについてディスカッションした。
【事例発表】
(1)「T法によるカタログの解析 ガラス組成と特性の関係調査」 (KOA(株) 守谷敏)
ガラス組成を検討するにあたり、カタログをT法で解析した。物性値(転移点、軟化点など)や特性値(耐湿性、耐酸性など)を真値、ガラス組成を項目値とした。解析結果から、どの材料がどの物性値、特性値に効いているかを求めることができた。結果はこれまでの経験や文献で述べられていることと一致している。カタログには組成配合などは記載されていないが、解析の仕方によってある程度の傾向をつかむことは可能である。
(2)「T法による売上予測、及び妥当性検証」 (富士電機エフテック(株) 大島宏一)
T法を用いて製品の売上予測を算出した。初期パラメータ(項目)として453項を用いた。予測式導出過程において、ηの閾値を設定しパラメータの絞り込みを実施し、最終的にパラメータ(項目)が15項目まで絞り込まれ、実績と予測値の相関係数が0.8586になった。しかし、実績と予測値が乖離する月があった。今後の取り組みとして、その乖離月のイベントを調査し、イベントに関連するパラメータを追加し予測精度を向上させる。
【共通テーマ】
「MTシステム(T法)を使ってみよう」
長野県工業技術総合センターが行った市販しょうゆの成分分析結果を用いて、人による官能評点をT法で推定できるか解析を行った。その結果、成分間の交互作用が非常に大きく、推定は難しいことが分かった。次回は、MT法を用いて官能評点が高かったサンプルを基準空間とし、その他のサンプルのMD値計算を試みる。
((有)増田技術事務所 増田雪也 記)
----------------------
コメント(0) 

北大にて [仕事以外の話題]

hokudai.jpeg
北大キャンパスにて。
寒い!(気温1℃)

昨夜は、「根室花まる」で極旨の寿司を堪能し、ロープウェイで藻岩山へ。
吹雪の夜景、印象的でした。

○○様、お世話になりました。

明日は横浜、明後日は東京、その後、釣りに行けるかな?

■後記■
久しぶりのブログ更新です。
そして、ブログはちょっと早い冬休みに入ります。

コメント(0) 

長野県品質工学研究会の活動報告(品質工学会誌2016年10月号広場の記事より抜粋) [【その他の品質工学関連】]

----------------------
長野県品質工学研究会
 2016年7月14日(木)、第3回研究会を長野県工業技術総合センター精密・電子技術部門(長野県岡谷市)にて開催した。以下に示す事例発表および共通テーマについてディスカッションした。
【事例発表】
「射出成形工程における可塑化不良の判別」 (日精樹脂工業(株) 荒井亮平)
内容は会社都合により省略
【共通テーマ】
「MTシステム(T法)を使ってみよう」
玉ねぎの原産地判別についてMT法を用いて判別を試みた。項目とデータがほぼ同数のため解析結果が不安定になっているおそれがあるが、判別は可能と見られた。今後、RT法や誤圧などを用いて判別を試みることになった。

続きを読む


コメント(0)