So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

長野県品質工学研究会の活動報告(品質工学会誌2017年10月号広場の記事より抜粋) [【その他の品質工学関連】]

----------------------
長野県品質工学研究会
 2017年7月13日(木)、第3回研究会を長野県工業技術総合センター精密・電子・航空技術部門(長野県岡谷市)にて開催した。以下に示す3つの事例発表および共通テーマについてディスカッションした。
【事例発表】
(1)「T法による長寿の要因分析(3回目)」長野県テクノ財団 岩下幸廣
長寿の要因についてT法で解析したが、前回までの発表では参加者の理解が得られなかった。そこで「項目間の相関が強い場合のT法」として、2つの方法及び手順を提案、整理して、関係者で議論を行った。
(2)「T法の項目診断について」日本電産サンキョー 中西徹
T法はエクセルの関数のみで計算出来る事から、他の手法に比べると品質工学初心者への普及も比較的敷居が低い。ところが、有効項目を取捨選択するための項目選択は、2水準系の直交表を用いて行われていて、エクセル関数のみで処理するには難しい。一方、項目選択を1項目ずつで行う方法も提案されており、こちらは比較的容易に計算出来る。そこで、これらの項目選択のやり方で、推定精度に差が出てくるのか、3つの事例を使って試してみた。その結果、推定精度への影響は大きくは無いが差がある事が判ったが、どちらが有効かという結論には至らなかった。今後も研究会を通じ、簡単で有効な項目選択の方法を検討する事となった。
(3)「MT法と標準化誤圧による判別について」長野県工業技術総合センター 児野武郎
材料試験機による打抜き加工時のストローク-荷重曲線から、加工時の異常についてMT法と標準化誤圧による判別を試みた。その結果、両者とも比較的良好な判別ができた。標準化誤圧は比較的簡便に計算できるため、中小企業への普及の可能性を得ることができた。
【共通テーマ】
「共通テーマ検討」
MT法で指紋認証等の画像判別を検討する。また、製造工程の監視をMT法を使って行う等のアイディアが出された。

続きを読む


コメント(0) 

【お知らせ】新規クライアント様の募集を再開致します [【最新ニュース】]

有限会社増田技術事務所は、新規のクライアント様の募集を再開致します。

※「初心者セミナー」および「定期相談会」のスタートは、2018年1月以降となります。

募集の再開の詳細につきましては、お気軽にメールにて御連絡をいただければ幸いです。

2017年9月18日

有限会社増田技術事務所
代表取締役 増田雪也


コメント(0) 

ブログ_プレゼンテーション『マネジメント向け 品質工学の紹介』1)技術開発を終えたはずなのに・・・ [【その他の品質工学関連】]

bosupre.001.png
プレゼンテーション『マネジメント向け 品質工学の紹介』をブログにてご紹介します。
----------------------
・「品質工学の概要をマネジメント向けに紹介したい」
・「増田技術事務所のプレゼンを試しに見てみたい」
・「プレゼン受講後、もう一度プレゼン画面を見ながら復習したい」
----------------------
そんな方にお薦めです。

【目次】
----------------------
1)技術開発を終えたはずなのに・・・
2)トラブルの原因は2種類ある
----------------------

続きを読む


コメント(0) 

ブログ_プレゼンテーション『マネジメント向け 品質工学の紹介』2)トラブルの原因は2種類ある [【その他の品質工学関連】]

bosupre.018.png
前章「1)技術開発を終えたはずなのに・・・」にて、トラブルの原因には2種類あることを説明しました。

『ノイズ』が悪いからトラブルが発生します。
でも、
『ノイズ』は最適化できないから、受け入れるしかない。

では、どうやって『ノイズ』を受け入れるのかを紹介します。

続きを読む


コメント(0) 

弊社の業務内容の紹介(品質工学コンサルティング) [【その他の品質工学関連】]

meco_introduction_2017.001.png
増田技術事務所の品質工学コンサルティング内容についてご紹介します。

続きを読む


コメント(0) 

品質工学はバラツキを小さくする道具ではありません!? [【その他の品質工学関連】]

kksbnme.001.png
品質工学ワンポイントアドバイス
「品質工学はバラツキを小さくする道具ではありません!?」

続きを読む


コメント(0) 

MTシステムの紹介(MT法) [【その他の品質工学関連】]

MT_KP.001.png
品質工学の紹介シリーズです。
今回はMTシステムです。

続きを読む


コメント(0) 

長野県品質工学研究会の活動報告(品質工学会誌2017年8月号広場の記事より抜粋) [【その他の品質工学関連】]

----------------------
長野県品質工学研究会
 2017年5月18日(木)、本年度の総会および第1回研究会を長野県工業技術総合センター精密・電子・航空技術部門(長野県岡谷市)にて開催した。
【総会】
平成28度の事業報告および平成29年度の事業計画が承認された。本年度の会員数は9(正会員:6、特別会員:3)である。開催日程は全11回を予定している。活動内容は、「事例発表(会員の持ち回り)」、「共通テーマのディスカッション」、「合同研究会」および「特別講演会」である。
【活動状況発表会】
新規加入検討企業3社に、第1回研究会を見学していただいた。研究会の様子や会員企業の品質工学の実践内容について、各会員が以下に示す紹介発表を行った。品質工学普及の苦労話や工夫など、気軽な雰囲気で紹介することができ、大変良かったと感じた。
・「長野県品質工学研究会の活動内容紹介」長野県工業技術総合センター 児野武郎
・「品質工学の普及方法について」(有)増田技術事務所 増田雪也
・「日精樹脂工業における品質工学の活用」日精樹脂工業(株) 荒井亮平
・「日本電産サンキョーの取組と反省」日本電産サンキョー(株) 中西徹
・「教育プログラムと最近の事例」KOA(株) 守谷敏

続きを読む


コメント(0) 

長野県品質工学研究会の活動報告(品質工学会誌2017年6月号広場の記事より抜粋) [【その他の品質工学関連】]

----------------------
長野県品質工学研究会
 2017年3月9日(木)、第11回研究会を長野県工業技術総合センター精密・電子技術部門(長野県岡谷市)にて開催した。以下に示す事例発表および共通テーマについてディスカッションした。
【事例発表】
「タイトルおよび内容は会社都合により省略」 (日本電産サンキョー(株) 中西徹)
【共通テーマ】「品質工学に関する自由討論」
「長寿の要因」 (長野県テクノ財団 岩下幸廣)
前回の議論を踏まえ、長寿の要因についてT法、MT法で解析した。前回同様、一般に言われている要因と異なる結果となったので、意見交換を行って次回までの検討内容を整理した。
((有)増田技術事務所 増田雪也 記)
----------------------
コメント(0) 
前の10件 | -